140228 「鉄板・お好み焼き 蓮 HASU」 心斎橋  A5黒毛和牛、焼きそば、お好み焼き~

東心斎橋、裏路地!

オトナの隠れ家~

高級A5黒毛和牛から、
コナモン、焼きそばにお好み焼き☆

堪能しました♪


2月中旬 某日 訪問:


ちょっと入り込まんと、わからんかも!?
re15901x.jpg
「鉄板・お好み焼き 蓮 HASU」

1階カウンター席。
re15906x.jpg
ここでいただきました!

テーブル席も。
re15921x.jpg
4人掛け。

2階には和の個室☆
re15919x.jpg
1日1組限定とか~

まずはの
re15925x.jpg
白ワインから♪

re15926x.jpg
白身魚のカルパッチョ

re15928x.jpg
シーザーサラダ

re15930x.jpg
炙りサーモンとアボカドのタルタル

re15933x.jpg
フルーツトマトとモッツァレラのカプレーゼ

re15936x.jpg
生ハムと水菜のサラダ

re15939x.jpg
相生特産 千珠カキ 鉄板焼

ここらで
re15951x.jpg
生ビール

re15941x.jpg
前菜5種盛合せ

re15961x.jpg
アクアパッツァ

目の前がキレイに磨きこまれた鉄板!
re15948x.jpg
野菜、多彩で旨み満載~(笑

re15953x.jpg
焼野菜の盛り合わせ
ヘルシー、オイシーで色も鮮やかウツクシー♪

野菜とくればお次は?
re15962x.jpg
黒毛和牛、A5!サシが違う霜降り~

re15960x.jpg
左:サーロイン 右:ヘレ

サーロインから。
re15968x.jpgre15969x.jpg
re15973x.jpgre15974x.jpg

できあがり☆
re15979x.jpg

これはもう
re15985x.jpg
旨すぎー!!

やわらかーい、アブラがあまあーい♪
タマリマヘン・・・

こうなったら
re15975x.jpg
赤ワイン
合う~!!

ヘレも同様に。
re15990x.jpg
こちらは、赤身の旨みもしっかり味わえます!

そして
re15992x.jpg
焼きそば

そばは、京都の老舗「麺屋棣鄂」に特注の太麺☆
ラーメンにはあるけど、焼きそばは珍しいやん。。。

re16004x.jpgre16007x.jpg
re16014x.jpgre16022x.jpg

こんなカンジで
re16025x.jpg
完成~

もっちりコシの強いそば、すんごくオイシイ

まだ
re16043x.jpg
お好み焼き!も。
ちょっと小さめ、分厚め、
フタをして蒸し焼き。

re16055x.jpg
ソースにマヨで、できあがり♪

蓮根舞鶴産イワシちくわも入って~
re16061x.jpg
ふんわり柔らか仕上げ、むっちゃウマーイ

コナモンも相当いけますやん!!

最後はデザートね。
re16066x.jpg
大人のブリュレ
上品、美味しゅうございました・・・

こんな
re16069x.jpg
お誕生日などの記念日の、ドルチェサービスもあるそうですよ♪

高級黒毛和牛と
コナモン、焼きそば・お好み焼きも同時に楽しめる☆

めちゃくちゃネウチありました~


ごちそうさまでした!!


メニュー:
re15908xs.jpgre15910xs.jpg
re15911xs.jpgre15912xs.jpg
re15913xs.jpgre15914xs.jpg
※クリックで拡大


(X20撮)


鉄板・お好み焼き 蓮 HASU
大阪市中央区東心斎橋2-5-7
06-6212-1900
17:00~翌3:00
定休:日曜・祝日


powered by TomiryuMap

ポチッとしてもらえると超ウレシイ~ よろしくです!
皆様のクリックに感謝! 励みと張り合いになっておりま~す♪↓
ブログランキングにこれだけ?参加しています。応援してくださ~い!! m(_ _)m
       にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ    ←ポチッとクリック!! お願いしま~す

2014/02/28 23:48 (Fri)

お好み・鉄板焼  |  心斎橋 |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集  |  ▲PageTop

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sibumi.blog103.fc2.com/tb.php/2548-7a7001e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |